米子 焼肉 強小亭について
ごあいさつ
「大山黒牛」の真髄
「強小亭」のテーマ
「強小亭」の由来
ごあいさつ
大山黒牛処「強小亭」は
大山の恵を一身に受けた大山黒牛の専門店

大山山麓では、平安時代より牛馬のご加護を願う人々が集い、江戸時代には全国唯一の牛馬市として栄え、明治時代においては日本最大の市へと発展しました。
その長い歴史が、鳥取県での全国の黒毛和牛の始祖と言われる気高系を育て上げました。
この歴史を現代に受け継ぐ大山黒牛、その旨さを決める真髄は、牛にストレスをかけることなく、落ち着く環境づくりを第一に考えながら肥育していることです。
百年の歳月を経て濾過され湧きだす大山の豊かな伏流水を飲ませ、通常の飼料の他に、ミネラル豊富な名水で育った藁を特に大切な飼料として与え、一頭一頭手間ひまかけて育てています。
大山黒牛処「強小亭」は大山の恵みを一身に受けた大山黒牛の専門店として、和牛の極みである最高の肉と、それに相応しい地元こだわりの厳選された食材を特別なサービスで提供いたします。
大山黒牛処 強小亭
代表 西田 佳樹
(大山黒牛生産者)