米子 焼肉 強小亭 希少部位についてのご案内
牛肉の部位
牛モツの部位
牛モツの部位
レバー
肝臓部分です。タンパク質やビタミンA類、鉄など栄養分豊富です。
センマイ
第三胃です。ひだがたくさんあり、コリコリとした独特な食感があります。
ホホニク
頬の部分です。煮込み料理によく使われます。焼いて食べても柔らかく味のある部分です。
ハツ
心臓部分です。タンパク質、ビタミンB類、鉄など多く含まれています。
アカセンマイ
牛肉の中で一番柔らかい部分とされています。ステーキなどに適しています。
アキレス
第四胃です。赤っぽい色をしています。てるてる坊主のような形をしています。
マメ
腎臓部分です。脂肪分は少なく、ビタミンA、B2など多く含まれています。
パイプチョウ
小腸部分です。肉厚はそんなに厚くありませんが、プリプリとした食感が特徴です。
タン
舌の部分です。タンパク質、ビタミン、ミネラルを豊富に含み脂肪分も多めです。
ミノ
牛の胃袋が4つあるうちの第一胃です。肉色は白く肉厚で歯ごたえのある食感です。
ダイチョウ
大腸部分です。肉質はやや厚くコリコリとした食感が特徴です。
オオカク
横隔膜の一部です。適度な霜降りもあり肉質は柔らかく旨みもあります。
ハチノス
第二胃です。見た目の模様がハチノスのような形をしています。煮込み料理などによく使われます。
テール
尾の部分です。時間をかけて煮込むと、ゼラチン化して柔らかくなりコラーゲンたっぷりなので美肌効果抜群です。
サガリ
横隔膜の一部です。横隔膜にぶら下がって付いている為さがりと言います。